訪問看護・訪問介護・住宅型有料老人ホーム
ゆいゆい Yui yui

ゆいゆいのロマン

「医療・介護を必要とする人々の日常生活の向上に貢献する」

理念

ロマン(志)を社員1人ひとりが企業行動の原点として共有し、個々の力を結集して長期ビジョンである「人生100年時代を豊かにするための社会システムの変革」に全力を尽くす

ビジョン

「医療・介護の社会システムの変革」

ミッション

・住まいの”あってよかった”をかたちにする
・サービスの”あってよかった”をかたちにする
・地域の”あってよかった”をかたちにする

2025年問題

令和2年版高齢者社会白書(内閣府)によれば、2010年に約120万人だった日本の年間死亡者数は、
・団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)となる2025年に約152万人
・65歳以上人口がピークに達すると言われる2040年には約168万人
に増加すると推計されています。2010年の日本人の死亡場所は、病院・診療所が80.3%、自宅または老人ホーム等の施設が17.4%(厚生労働省 人口動態統計年報 主要統計表)となっています。2010年の病院死は約96万人。現場の病院のベッド数は今後も増えない中、2025年に152万人―96万人=56万人分の急増する看取りを受け入れる場が求められているのです。

ゆいゆいの誕生

住み慣れた地域で、人生の最期の時を迎えることができるよう、私たちは、訪問看護からスタートしました。1日に5〜7件の利用者さんを訪問し、地域の方が求めるご自宅での必要な医療・介護のケアを行ってきました。そこで利用者様、病院の関係者様、スタッフ、多くの方との出会いをいただきます。一方、「自宅に一人だと心配だ」「医療を伴うケアを家族ですることが難しい」など、ご自宅での生活はどうしても難しいという方々の声も聞いてきました。在宅のケアに関わらせていただき3年たった頃、「理念」にもある考えが生まれてきました。

私たちは、医療と介護を必要とする方々が、その限られた時間において、尊厳を保ちつつ、自分らしく人間らしく生きる為に、ホームを始めました。自宅がいいけれど、医療・介護の面で自宅での生活が難しい方が、病院ではなく可能な限りアットホームで、自由に生活できる空間を目指しました。そして、各利用者様とそのご家族様の繋がりを尊重した全人的なアプローチと、私たちの考えるターミナルケアにて、望まれる方にはその最期をお迎えできるよう、利用者様のケア・サポートを実践してまいります。

ホームをはじめてからこれまでの4年間に、末期癌やお看取りを希望される方、47名を越える方々の旅立ちに立ち合わせていただきました。至らない点もあったと思いますが、それでも、ご本人ご家族様の意向を叶えることができた時、「最期がここで良かった」と言っていただけた時はやはり嬉しく思います。

これから

訪問看護を起点に始まった私たちの会社は、引き続き日本の抱える問題に目を向け、取り組んでいきます。

  1. 限りなく自宅に近づけた住まいの開発・提供を行ってまいります。
  2. 地域の病院やかかりつけ医の先生方、薬局、ケアマネージャー、福祉用具、そして看護・介護の連携を通じ、ご利用者様とそのご家族様へ「症状コントロール」「チーム医療」「ケアの継続」「ターミナルケア」この4つのホスピスケアを提供してまいります。
  3. 老人ホーム事業と社会資源サービスを複合的に提供し、退院前の相談から入居、入居後の体調に応じたサービスの変更までの一連の過程を、中間コストを極力削減しながらプロデュースし「医療・介護の複合的サービス」を確立してまいります。
  4. 弊社の企業理念、取り組みに賛同いただける方の採用活動にも注力し、沖縄の地域で必要とされる企業を目指してまいります。

ホスピスケア

① 症状コントロール
身体的苦痛の理解とその緩和
精神的、社会的問題の理解とそのケア
② チーム医療
抱えている問題の把握と共有
チームによる方針の一貫したケア
③ ケアの継続
ご本人の希望する生活の支援
急変時に24時間対応できる体制
④ ターミナルケア
穏やかな最期を迎えられるケアを実践
ご家族とのコミュニケーション

代表者プロフィール

代表 野口 怜美

はじめまして、代表の野口力です。
2015年に八重瀬町で訪問看護ステーションゆいゆいを開設しました。在宅の訪問をしている中で、「自宅での医療、介護が難しい」というご利用者さまの声を目の当たりにしてきました。3年目に住宅型有料老人ホームを開設。2020年4月からは、訪問介護ステーションも新規に開設し、「自宅のように医療ケアと介護が受けられる」ホームを通じて、日常の暮らしをサポートできるよう日々取り組んでいます。
ホームの開設にあたっては、13年間の会社生活を辞めて、沖縄に参りました。日々変わる世の中において、業界慣行や過去の成功体験にとらわれず、現状否定を繰り返し、ご利用者さまとそのご家族さまの日常の暮らしを支えていく。私たち夫婦が出会った沖縄を拠点に、ご利用者さまをはじめとした、わが社を支えてくださる病院関係者さま、往診の先生方、ケアマネージャー、福祉用具、薬局関係、そして大切な従業員、すべての皆さまにとって「ゆいゆいでよかった!」であり続けるため、改革への挑戦を続けてまいります。

Facebook

ご利用者様

※2019年10月末時点

看護師募集中

ホーム一覧

  • 有料老人ホームゆいゆい小禄

    所在地
    〒901-0152
    那覇市小禄 5-16-1
    開設
    平成30年6月1日
    定員数
    19名
  • ゆいゆい南風原

    所在地
    〒901-1103
    島尻郡南風原町与那覇283(2F)
    開設
    令和3年4月30日
    定員数
    16名
  • ゆいゆい浦添<令和3年8月予定>

    所在地
    〒901-2114
    浦添市安波茶1丁目55-1
    開設
    令和3年8月2日
    定員数
    46名

ゆいゆいへのお問い合わせ